アニメ「SPY×FAMILY」スパイファミリー ~第10話 あらすじ(評価感想)

スパイファミリー10
  • URLをコピーしました!
目次

アニメ「SPY×FAMILY」スパイファミリー 6/11放送 第10話 ~ドッジボール大作戦

6/11 23:00放送 第10話 ~ドッジボール大作戦

第10話が放送されました~。

前回の第9話は、ヨルの弟である「ユーリ」に、偽装結婚ではないか…と疑われ「今すぐ、オレの目の前でキスをして見せろ!」と無茶ぶりをされ、意を決した2人だったが。

ヨルの行動に大きな勘違いをしたユーリの早合点で、この危機を乗り越えることが出来た。

ユーリが「秘密警察」だと知ったロイドは、ユーリの姉であり、自身の妻であるヨルが、ユーリの本当の姿をどこまで知っているのか…、疑いの目を持つことになる。
そんなロイドの心を知ったアーニャは、不安な気持ちで2人を見守ることに。

ロイドはフランキーとともに、ある作戦を実行したが。
結果、ヨルは「白」だった

フランキーに「いらん情を抱くなよ!」と忠告を受けたが、ヨルを疑ってしまった自分に罪悪感を覚えるロイド。
ロイドの日常の言動や、弟のユーリに対する優しさに、徐々に心が動き始めたヨル。

ロイド、ヨル、アーニャ…疑似家族を演じる3人が、今後、どのように変化していくのか…
ミッション達成のため、アーニャが通うイーデン校では、どのような出来事が起こるのか。

では、さっそく、第10話 あらすじと感想を交えてお伝えいたします。

※ネタバレありですので、ご注意ください。

第9話を見逃した方は、こちらから↓

『SPY×FAMILY』オープニング主題歌アニメ映像/“SPY × FAMILY” Opening theme song animation

アニメ「SPY×FAMILY」スパイファミリー ~第10話 あらすじ・感想・ネタバレ

第10話 ミッション10 ~ドッジボール大作戦

イーデン校の朝。
爽やかにランニングをする、ヘンダーソン先生(ハウスマスター)だった。

初代学長の像の前で立ち止まり、敬礼をするヘンダーソン先生

アーニャの合格発表の日に、フォージャー家3人が美しく敬礼をし、それを見たヘンダーソン先生が感動した…
あの例の「銅像」の前です

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

シャワーをし、靴を磨き、紅茶を入れるヘンダーソン先生。
そこへ、他の先生が入ってくる。
入学式当日に、ヘンダーソン先生が初等生に「トニトを与えた」話になると。

良き行いは讃え、不始末には相応の罰を与える。それが教育の本懐(ほんかい)と言うものだ」と答えるヘンダーソン先生。

そうです。
入学式初日に、アーニャに与えたトニトは、ヘンダーソン先生の「教育愛溢れる…もの」だったのです。笑

「イーデンの門をくぐった初等生たちが、日々エレガントを体得することで伝統は守られ、受け継がれていく。我が校はこの国の未来をエレガントにするためにあるのだよ」と。

ダミアンが、掲示された入学式の「集合写真」を見つめている
他の生徒たちが、親子で写っている中…、自分だけ、親のいないひとりぼっちの写真

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

そこへ「ユーイン」と「エミール」が走ってくる。
「ダミアンさま〜、この方、ダミアンさまのお兄さまじゃないですか?」と、アルバムを見せる。

ダミアンの兄の入学式の写真。
「ダミアンさまのお兄さま、すげぇ勢いでステラ授与されてますよね~」というユーインの言葉に、少し曇った表情を見せるダミアン。

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

「でも、ダミアンさまなら、もっと早くインペリアル・スカラーになれますよ!俺らの学年のステラ1号は、ダミアンさまに決まってます!」といって、学校の予定表を見ると。

来週の体育、組対抗ドッチボール大会。
「俺の友達が7組の友達から聞いた話らしいんですけど…。MVPになればステラがもらえるって

MVPになってステラを手に入れるため、ドッジボール大会に焦点をあてることにする。

優雅にクラシックを聴くヘンダーソン先生。
「天気は快晴。少年少女たちよ、今日も君達はイーデン校の新たな歴史の1ページを紡ぐ。エレガントにそしてブリリアントに…」

スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

始業の鐘の音が響く、教室では。

ダミアン「うっせい。てめえが先にケンカ売ってきたんだろうが!」
アーニャ「アーニャ、悪くない!」
ベッキー「そうよ!大体そっちが…」
ダミアン「ブスは黙ってろよ!」
ベッキー「はぁー?」
アーニャ「クソやろう!」
ダミアン「誰がだ?この、ド短足!」
ベッキー「女の子に対して、そんなこと言っちゃっいけないんですー!」

教室に入った途端、爽やかな朝から一転した、ヘンダーソン先生は。
エレガン…ト…

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

先生…仕方ないです~。
現実は、こういうものです。笑

家にかえってきたアーニャ
「アーニャ、帰還〜!ちち、ビックニュース仕入れた~」
「何?今度の体育の授業でステラがもらえる?」

ベッキーが「友達が7組の友達から聞いた話らしいんだけど~。来週の対抗戦、勝ったほうのクラスのMVPにステラひとつ授与されるってウワサよ!」と言っていたと。

ウワサって…うん。眉唾だなぁ…」と、半信半疑で疑ってかかります。
さすが、ロイドです。

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

しかし、それを聞いたヨルはノリノリだった。
「そうなれば特訓です、アーニャさん!」
「特訓!」

競技種目がドッジボールだと聞き「確か…。ボールを当てて、相手を葬るやつですよね?」とヨルが言うと。
葬る…って」と、突っ込むロイド。

ヨルさん、あぶない、あぶない…。
気をつけてください!注意ですよ~。

「はは、必殺技…教えろ!」
「わかりました。私が、一級必殺の技、お教えします!」

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

「ヨルさんは、スポーツも得意なんですか?」
「あー、いえ。昔、弟とキャッチボールした程度で…」と慌てて答えるヨル。

日頃から、人間をちぎっては投げてます!とは言えない!!」と…心の中でつぶやくのだ。

「私に任せてください、アーニャさん!必殺技でスターをキャッチです」
「アーニャ、ドッチボールでお星さまつかむ!スターキャッチ・アーニャ。頑張る!」
「やる気なのは、ありがたいが…」

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

やる気満々で、ノリノリの2人。
それを見守るロイドだった。

翌日から、特訓は始まった。
まずは、筋トレ。腹筋をするアーニャ…は。

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

こんな感じです…。笑
指導するヨルに、がんばるアーニャに、見守るロイド。
この3人、可愛すぎます。

ランニングをするアーニャ。
ボールの投げ方を教えるヨル。

「ボールは腕の力だけで投げるんじゃありません。しっかり足を踏み出して、体重を移動しながら、腰をひねり、肩に力を伝えて…。ホッ!」と、軽く投げるヨル。

・・・。
ヨルさん…魔球です…。
すんごい勢いでボールが飛んでいき、木が折れて倒れていきます。

びっくりするアーニャの表情が、こちら

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

イメージトレーニング。
横で、居眠りするアーニャ。

「これが特訓?よくわからんが、ヨルさんに任せたことだし」
畳んだタオルを運びながら、優しく見守るロイド。

スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

滝に打たれるアーニャ。
そして、ランニング。

アーニャ、がんばってます!
父のために、ファイトです!

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

アーニャ、明日スターキャッチする!

アーニャの、小さくて可愛い手。
がんばれ、アーニャ!

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

当日の朝。
「アーニャ、がんばった。ははの容赦ない特訓にも耐えた!必殺のショットの名前も考えた!アーニャ、星つかむ!

お星さま、いっぱい取って、ちちの任務のお手伝い!

心優しいアーニャ…。
父思いで、本当に、とってもいい子です!

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

「やる気だけはいっちょまえだな!」と近寄ってくる、ダミアンたち3人。

次男。ちちの任務のターゲットの息子。仲良くなると、お得まんさい!

はい、アーニャさん、全部わかっています。
えらいです~!

「なに見てんだ、コラ!」と、ぶっきらぼうなダミアン。
でも、いじめてくるからキラい…」と、ぷいッと立ち去るアーニャ。

スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

「こ、こっちだって。お前みたいな、ちんちくりん に構っている暇はないんだ!」
「ちんちくりん…」

「この試合で、MVPをとって、ステラを獲得するんだ。兄貴と同じインペリアル・スカラーにならないと、でないと…。父上に振り向いてもらえない」

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

ダミアンには、ダミアンの事情があるのです。
そして、その心を読むアーニャだった。

「集合ー!」
3組セシル寮 対 4組ウォルド寮とのドッジボールクラス対抗戦が始まった。

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

ダミアンが、ボールをにぎる。
「やってやりましょう~!ダミアンさま!」

今日の為に、計画を練っていた3人。
数日前…

ダミアンさまー!4組の情報集めてきましたー!
よし!ステラを授与されるにはMVPになるしかない。敵はこいつだ!

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

「この試合、4組に勝つには、まずあいつを倒さなくては…」

「おりゃあーー!」ものすごい勢いで、ボールを投げるダミアン。

しかし、それを片手で受け止める…1人の男…の子?
司令部・少佐の息子。
ビル・ワトキンス(6)歳…??

恵まれた体格と頭脳で、幼稚園時代から数々の球技大会を総なめにしてきた、という。

普通に、その辺のおじさん…に見えます。笑
これ、本当に6歳ですか~?

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

「メガネなんてかけてたら、危ないぜ!オッサン」
「心配ありがとう!総裁の息子…ダミアンくん。でも、僕には当たらないから大丈夫。肩から上のヒットはノーカウントだよ。敵配置確認、気流・湿度・補正良し!」

足を踏み出し、ものすごい勢いでボールを投げると、次々に連続で当たっていく。
ピッ!「4ヒット!

「ビビるな!まぐれに決まってる!」とダミアン。

スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

夜の公園で、1人練習をする、ビルの姿。
ボールが街灯にあたり、折れ曲がる。

そこへ父親が来る。
「我が息子、ビルよ。お前はイーデンの、いずれは陸軍の英雄となるべき男。その手にステラをつかめ!明日のオスタニアの為に!」

迫力ある親子です~。
こちらも親の期待を一身に背負っている様子です…。

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

勝利を断言するビルに、
「俺たちが無策で臨んでると思うのか?デカブツ!ドッジボールは1人で勝てるもんじゃないぜ!」と対抗するダミアン。

崖を上る特訓をする3人の様子…かと思うと。
実際は、ジャングルジムを登る3人。「目指せ、MVP~!

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

光る魔球を受け止める練習をする、ダミアン…かと思うと。
実際は、遊具のタイヤのユラユラを抱きしめる、ダミアン
取るぞ、MVP~!

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

この大会のために、必死で練習をしてきた3人なのでした。
なんとも可愛いです。ダミアン!

「行くぞ!フォーメーションGだ!」
3人の力を合わせて、結構な威力のボールを投げるダミアンだか、簡単に片手でキャッチされ、投げ返され。
ピッ!また、また「4ヒット

「まだ、まだー!」と、次は分身の術で投げると、またまた片手でキャッチされ。
「分身というのはなぁ…こうするんだー!」と、投げ返されたボールは、ダミアンめがけて飛んでくる

そこへ、体を張ってダミアンを守ろうとする、エミールが。
禁断の顔面ブロック…。

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

ダミアンを守る、エミールに。
エミールを心配する、ユーイン。

なんだか3人の友情を感じてしまいます。笑
いつも、意地悪なことばかり言っている2人なのに…。

エミール「最後まで…希望を捨てちゃ…ダメだ」
ユーイン「わかってる。諦めたらそこで、試合終了…」と、盛り上がる会話の最中に。
後ろから、ゆる~いボールを当てられる、ユーイン

アウト…です。悲

「クソ!このままじゃ負ける。なんとかしてヤツの隙を…。他のヤツがいくらやられようが知ったこっちゃないが、俺だけは勝ち残って目立たなくては…」と考えるダミアンに。
次男…。クソやろう…」と、軽蔑の眼差しを送るアーニャ。

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

「さて、次は…あのちびっ子かな。狙うは、足元ー!」と。
アーニャが狙われる…が。

ヒョイ!と。飛んでよけたアーニャ。
「僕が投げる前に、ジャンプを!?」驚くビル。

「ならば、今度は右腕を狙うー!
よける。

「ならば、左〜?」
左腕をあげて…、また、よける

「こうなれば、奥の…、奥の手!目の前で、急激に軌道を変えるものは、チョコまかと逃げ回るものを追撃して捉える!」

食らえ!ウォーミングスライダーショットー!!

ものすごいスピードのボールが、アーニャへ向かって飛ぶ…
動かない…。動けないアーニャ。

スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

そして、
カーブしたボールは、アーニャの横をギリギリすり抜けて…

後ろにいた、男の子にあたった。
ピッ!「ヒット!

「くぅ。バカな!読まれている。完全に球筋を読まれている!何者だ、あの女?」と半泣きのビル。

はい。その通りなのです。
あなたの心は、完全に読まれているのです

「なかなかやるなー、お前」と感心するダミアン。
変な顔で笑う、アーニャ

スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

ドッジボールの語源…。
ドッジとは、素早く身をかわすことエレガント回避!!
アーニャのエレガントな、かわし方に感動する、ヘンダーソン先生だった。

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

次のボールがくる…そのとき。
足がもつれて、倒れてしまうアーニャ。
はぁっ!バカ、早く立て!」と慌てるダミアン。

ビルはチャンスと思い「もはや不可避。死ねー!」と言い、全力で投げ込んでくる。

「全力投球してきやがった、あの野郎!気の毒だが…まぁ、ドジなこいつが悪い!安心しろ!俺が残って3組を勝利に導いてやる!」と思うダミアン…

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

だったが…
倒れたアーニャの前で、超豪速球のボールを受け止める。

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

そして…
落とした。

ピッ、ピー!「ヒット!」

…え。
ダミアン、アウトです~。

「な、なにしてんすかー?ダミアンさまー!」
「はぁっ!しまった!MVPが!
アーニャ、守ってくれた?お前、いいヤツ?
「違う!あいつの球にやられっぱなしで、悔しいから、ちょっと取ってみたかった…っていうか。残りは、お前だけだ!任せたぞ!

スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

ダミアン、可愛くていいヤツです。笑

未来は、アーニャに託された。
今こそ必殺のショットを放つとき!

スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

ヨルの、言葉と投球を思い出す。
「アーニャさん、投球のコツは、体全体を使うこと。このボールを光の矢だと思うんです!ほぉっー!」と、軽く投げるヨル。

すんごい球…です。
ヨルさん。スゴすぎます…。笑

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

アーニャ「次男の死を、ムダにはしない!」
ダミアン「死んでねえし!」

アーニャが、かたきとる!

アーニャさん、真剣です。
そして、気迫と、やってくれそうな感じ…が、漂っています。

「俺を殴り飛ばしたときの、あのパワー、あいつならもしかして…」と思うダミアン。
「なんだかわからないけど、凄い迫力…ひょっとして」と、ベッキーまでもが。

スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

大事なのは体重移動…
踏み出す力と
腰のひねりを、お手々に伝えて…

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

そんで、お手々は…
えーっと。えーっと…とにかく!

必殺!スターキャッチ・アロー!

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

と、投げられたボールは。

「うわぁーーー!!」

スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

・・・。
アーニャの目の前で、ワンバウンドして、ビルの元へ…

スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

それを拾ったビルが、ヒョイ!と投げると…

アーニャに、あたり…
ピッー!「ゲームセット!

スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

アーニャさん、いいですね~。笑
あの、張り詰めた空気…からの、バウンド!
いや~、気迫だけはスゴかったです!

「勝った~!これでビルくん、ステラゲットだね?」
うん?ステラ?こんなミニゲームで、与えるわけなかろう!誰がそんなこと言った?」と驚くヘンダーソン先生。

えぇっ?」と、逆に驚くビル
「むしろ、試合中に死ね!などと暴言を吐く君には、トニトをくれてやってもいいのだぞ!?」と、冷静なヘンダーソン先生。

もじもじ…、落ち込むビルだった。

「だがしかし!歪みあっていたもの同士が力を合わせ、困難に立ち向かう。その心たるや、ステラに値するぞ…少年少女よ」と、感慨深く見守るヘンダーソン先生だが。

スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

・・・。
「テメェー、ふざけんな!なんだよ、あのクソボールは?かばって損したわ!」とダミアンが怒り心頭でやってくる。

スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

アーニャ「ガーン!」と涙目に。
ベッキー「何よー!自分だって、当たんなかったくせに!」
アーニャ「やっぱ。お前キライ…
ダミアン「うぇ。なんだとー!このド短足ー!」

スパイファミリー10スパイファミリー10

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

そうでもないかも…」と、先ほどの言葉を撤回するヘンダーソン先生だった。

「母の教え…。役に立たない」と、またまた思うアーニャなのでした。

第10話 まとめ ミッション10 ~ドッジボール大作戦

第10話 ミッション10 ~ドッジボール大作戦 でした。

最後の最後に、アーニャの大失敗で終わった、ドッジボール大会となりました

父・ロイドのために、キラキラのステラを手に入れようと奮闘したアーニャ。
結果、ロイドの予想通り「眉唾もの…」だった訳ですが。

ユーインやベッキーが聞いた「7組の友達…」誰なのでしょう?笑
みんなこの噂に振りまわされましたから~。

ヨルと力を合わせて特訓をしたアーニャ。結果は残念でしたが、本当によく頑張りました!
ヨルさんの持つ技は…、本当にスゴかったです!
そして、2人を見守るロイドの優しさも、十分に伝わってきました。

父親との関係が少しずつ見え、アーニャに対しても優しさを見せ始めたダミアン。
口は悪いですが、本当は心優しい男の子のように見えます

今後、ダミアンとアーニャの関係がどうなっていくのか…楽しみな展開となってきました!

それでは、次週 第11話、楽しみに待ちましょう~!

「SPY×FAMILY」スパイファミリー アニメ無料 ~見逃しはどこで見られる?

スパイ ファミリー アニメ 無料は Amazon プライムビデオ

第10話 見逃してしまった方、今からでも間にあいます。

Amazonプライム会員の30日間無料体験で「SPY×FAMILY」スパイファミリーが見放題です!

無料視聴が終わったあと継続したい場合も月額利用料が一番安くおすすめです。

もちろん全話見放題ですので、見逃した1話~10話すべて無料で視聴可能です。

↓下記からチェックしてください!

Amazonプライム会員【30日間無料体験】

スパイ ファミリー アニメ 無料その他はhulu など

その他の無料視聴は下記から

  • U-NEXT 31日間無料体験
  • hulu 14日間無料体験
  • FOD 14日間無料体験
  • AbemaTV 14日間無料体験  
  • TERASA 15日間無料体験
  • dTV 31日間無料体験
  • Paravi 14日間無料体験

U-NEXTは、こちらから31日間無料体験

U-NEXTは作品数がいちばん多くポイント付与サービスもあるので、お特に視聴ができます。

U-NEXT

huluは、こちらから14日間無料体験

AbemaTVは、こちらから14日間無料体験

AbemaTV

dTVは、こちらから31日間無料体験

dTVは、映画・ドラマ・アニメ・音楽など約12万作品。(ドコモケータイ回線をお持ちでない方もご登録いただけます)

★洋画

見逃してしまった方も、お得な無料期間を利用して、第10話を視聴してください!

スパイファミリー「SPY×FAMILY」 一緒に楽しみましょう。

つたない文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

『SPY×FAMILY』エンディング主題歌アニメ映像(ノンクレジット)/“SPY × FAMILY” Ending theme song animation

記事が気に入ったらフォローを!

BLOG RANKING ぽちっ!っと

BLOG RANKING フォロー!うれしいです!

スパイファミリー10

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次