50代女性は離婚後一人暮らしできるの?~シングルを楽しむ

female back view
  • URLをコピーしました!
目次

50代女性が離婚後に一人暮らしすることは可能なの?

こんにちは まるめろ です。

離婚を経験し、シングルマザーとして子育てをし、子供が進学で一人暮らしをすると同時に50代で人生初めての一人暮らしをしています。

今回は、これから一人暮らしをする、もしくは考えているかたへ

一人暮らしをするために、知っておくべきことや、より良く暮らすためのヒント

実際に50代女性の一人暮らしが、どのような生活なのかを具体的なイメージでお伝えします

女性の一人暮しに必要な生活費って?

今の時代、離婚はめずらしいことではなく、若い年代の方から熟年離婚と呼ばれる50代以降にも多くみられます。

とは言え、大きな決断であり、そう簡単に出せる答えではありません

何度も話し合い、自問自答をしながら出される結論だと思います。

同じように一人になったかたでも、そこに至るまでの経緯はみなさんそれぞれです

そして、いま一人暮らしを考えていらっしゃるかたもそれぞれで、このような状況ではないでしょうか?

  • 一人暮らしをすることを決めている。多くの決断をして新しい一歩をふみだそうとしている
  • 一度は決断したけど、迷いがふっきれず気持ちがいったりきたりしている
  • いつかできるなら自立したい。そのうち一人暮らしがしたい

一人暮らしをすることを決めている

いくら決断したからといっても、まったく悩みがないはずがありません。

本当にやっていけるの? 女一人で生きていけるの? どの程度の生活レベルになるの?

ちゃんとやっていけるかなぁ~

未知の世界に、不安と心細さでいっぱいだと思います。

迷いがふっきれず、いったりきたりの人

迷いがふっきれず、決めたはずの決断がまた元のところへ…気持ちが戻ってしまうかたは、
自分が納得できるまで、いったりきたりするしかないと思います。

なぜなら、正解がない答えだけに、他人が決められる問題ではないからです。

全くおなじ環境・状況でも、離婚を決断する人、しない人、答えはそれぞれです。

決断できない…

最終的には、どちらにせよ自分自身が自分の責任で、覚悟をもって今後の人生を決めることになります。

いつか自立したい。自分一人で生活がしたい

いつか…と、ぼんやり思うにしても、早くから具体的に考えて計画するのに越したことはありません。
何をするにも情報収集は大事です。

〇〇になったら一人になりたい

何事も冷静に計画的に、そしてできるだけたくさんの貯蓄をしておくのも大切です。

ここで、結論です!

それぞれに、たくさんの不安があると思いますが、

一定の決まった収入があれば、正社員・フルタイムパートでも50代女性離婚後の一人暮らしは可能です

もちろん正社員のほうが、収入的にも精神的にも安定してリスク少なめです。

過去、派遣や契約社員から正社員登用される会社もいくつかありました。実際に声を掛けていただくこともありましたし、私の友人も派遣で働いたのちに同じ会社に正社員として入っています。

とは言え、どんな形でも安定した収入があれば、50代女性が一人暮らしをする事は出来ます。

実際に私は、現在50代女性で一人暮らしをしています

これまでの雇用形態は、正社員・派遣・契約社員等さまざまでしたが、フルタイムで働いていますので、特に問題はありません。

そして、現在は副業ブームですので、本業だけではなく、何か副業を始めて収入を増やすかたもたくさんいらっしゃいます。

お小遣いを稼ぐ手段がいっぱい!【ECナビ】 【登録無料】「得意」を生かして副業しませんか?ココナラ 即日払いバイトマッチングサービス【プチジョブ】 無料・賢い人のお得なサイト《ハピタス》

離婚後の50代女性の一人暮らしに必要な生活費(費用)はいくらなの?

木で作られた小さな家と積み重ねられたコイン

実際に、毎月必要な生活費はいくらぐらいになるのでしょうか?

私も、家を出る前はまったく想像が出来なくて、おそるおそる新生活をはじめた記憶があります。

こちらは総務省による「単身世帯」の支出調査結果です。

平成26年全国消費実態調査
単身世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果
出典:平成26年全国消費実態調査
単身世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果

年齢層もバラバラで、持ち家の方も含まれていますので、あくまでも平均になります。

そして、ここから具体的に数字をみていきたいと思います。

わが家と同じ年代の、知人の一人暮らし情報も合わせて、平均的な数値を出しました。

支出項目必要金額 / 月
家賃5万~6万
光熱費
(電気・ガス・水道)
13,000(電気5000・ガス5000・水道3000)
通信費
(ネット・スマホ・配信サービス)
10,000(ネット5000・スマホ3000・配信2000)
食費20,000
外食・交際費5,000
日用品・雑費5,000
衣料・美容5,000
医療2,000
保険関係
(生命保険・火災保険・自動車保険/税金)
10,000(生保5,000・火災7,000/年・自動車50,000/年)
交通費
(電車バス・ガソリン)
5,000
貯蓄30,000 ← 収入によって金額は調整
支出合計165,000
50代女性が1カ月に必要な生活費

家賃

予算¥60,000/月  家賃は住む地域によって大きく違いますが、6万円…以内に抑えられれば、ほかの支出を圧迫することもないと思います。

一番大きな固定費ですので、これから物件を探される場合は、生活環境への投資として考える面と、できるだけ費用をおさえる…という両面から、妥協点を見つける必要があります。

上下左右の部屋には、どういうかたが住んでいらっしゃるのか、教えてもらえる範囲で確認しておきましょう。

あと、騒音などの苦情は出ていないか、こちらも入居後に知ると深刻な問題になりますので、必ず契約前に確認しておきましょう。

それと、これはおまけ情報ですが…。
わが家はもともと7万円ほどの家賃だったのですが、マンションの経年劣化とともに新しく入居される方の家賃が下がっていることを知り、不動産屋に相談をしたら「契約のまき直し」をすることで、家賃を下げることが可能だと言われました。

一旦契約を終了し、新たに契約をする、という意味のようです。
入居時と管理会社が変わっていたことと、入居時の敷金礼金等がそこそこ高額だったため本来なら退去時に返金となる分を、新たに発生する契約料にあてる上で、プラスαの支払いをしましたが、家賃の月額が¥15,000ほど下がりました

下がった家賃と、追加で支払った契約料を差し引き計算をして、このまま2年住めばトントン、それ以上住めばお得…というひとつのラインを立てて「契約のまき直し」をしました。

私の場合、現在のマンションの立地が良いので、違う所に引っ越しをするより同じところで…、という選択をしましたが。

もし、同じところに長く住むことになった場合は、自分の住むマンションの募集物件情報なども、たまに確認された方が良いのかもしれません。

光熱費(電気・ガス・水道)

予算¥13000/月  光熱費は、季節により振れ幅が大きいので、年間のだいたいの平均値です。

オール電化であればガス代はなくなりますが、一人暮らしの場合は割高のように感じます。

次男が一人暮らしでワンルームのオール電化なのですが、ほとんどいない部屋の電気代に6,000~13,000/月 (季節による)ほどかかっています。

冬場の、夜中の電力使用量(給湯に使用)が結構なものです。
使うお湯は、男の子1人が短時間シャワーをする程度です。

設定された湯量を、毎日どんどん沸かしてくれるので、かなり「ありがた迷惑」です。

そんなに沸かさなくてもいいのに…

設置されている給湯機が、オン・オフのスイッチしかなく、給湯量を制御できないタイプのようです。

以前、帰省時にスイッチオフを忘れていた時には、誰もいない家で毎日たっぷりのお湯を沸かしてくれていました。

設置された給湯器の種類や古さによって違いがあると思いますので、オール電化の場合は入居時にどのようなタイプなのか確認は必要かと思います。

通信費(ネット環境・スマホ・配信サービス)

レトロなテレビ画面にyoutubeと表示

予算¥10,000/月  1人暮らしの場合、家のネット環境はかなり重要です

1人だと、自宅で過ごす時間を持て余すことが多くなります。
今は、スマホ、タブレット、パソコン、テレビ、すべてがネットにつながり、色々な動画配信を楽しむことができます。

YouTubeやTverなど無料のものもありますが、これだけをずっと見続けると…飽きます
有料の動画配信サービスを利用すると、日常の気分転換・息抜きになります。

最初は「有料の動画配信サービスなんて、ちょっと贅沢かなぁ…」「無駄な気がするな…」と思われるかもしれませんが。
そのうち必ず「試してみようかなぁ~」と思う日が来ます。

ならば、引っ越しの際に、格安スマホの契約と家のネット環境をまとめて、キャッシュバックやキャンペーンなどを利用して、上手に契約されることをおすすめします。
(スマホとネットは一緒にまとめて契約する方がお得です)

スマホのデータプランは、若い世代のように外出先で大きなデータを使うことも少ないと思いますので、小さなものにして、月々1000~2000円程度のプランで十分だと思います。

そして、浮いた分で自宅のネット環境を整える。
こちらが、各社のプランにもよりますが3000~5000円くらいでしょうか。

プラス、有料の動画配信サービスを利用する
こちらが各社月々500~2000円程度だと思います。

動画配信サービスも、各社料金はさまざまですが、一番コスパがいいのはAmazonプライム会員です。

私も長年利用していますが、見放題の動画配信に、プラスAmazonnショッピングでの送料無料や翌日着のお急ぎ便も利用できて、

月額500円税込み
年払いだと、さらにお得で 4900円税込み になります

特に「韓国ドラマが無限に見たい…」とか、こだわりがなければ十分すぎるくらいの作品量だと思います。

私も韓ドラにハマっていますが、最近ではAmazonプライム独占配信もあるので、大満足のサービス内容です。

年に一度、会員向けのビッグセールAmazonプライムデー」が開催されますが、腰を抜かすほどの割引率です。
これが、すべて会員特典として¥500に含まれるのです。

加入後、30日間は無料のお試し期間で、動画見放題&ショッピングも楽しめるので、詳しい内容は下記リンクからご確認ください。

Amazonプライム会員【30日間無料体験】

こちらの記事でも、動画配信サービスについて詳しくお伝えしています。

食費

予算¥20,000/月  週に1度の買い物で5000円、もしくは週に2度の買い物で3000円 + 2000円。

自炊をして女性一人分の食事ならこれくらいで十分です。食べる量だってそんなに多くないですから。

そのかわり…といってはなんですが、お取り寄せはたまにします。

美味しいものを少~し食べたい。 たまに…のご褒美は幸せを運んできてくれます。

食事もメリハリ。たまに…プチ贅沢はOK~!

外食・交際費

開いた本の上に置かれたコーヒー

予算¥5,000/月 友人との週末のランチや、カフェでのおしゃべりは、楽しみのひとつです。

高級なお店を選ばなくても、話をするだけでリフレッシュできます

年に数回のちょっとしたお祝いやプレゼントを贈る交際費を含めても、この程度で収まっていると思います。

日用品・雑費 / 衣料・美容 / 医療費

予算¥12,000/月 ここは、ざっくりです。

衣料品は、昔と比べてかなり安くなっている上に、アウトレットやネットなどを利用してとてもお得に購入できます。
お手頃価格なのに高見えする品質のものも多くありますので、年齢にあったベーシックなものをメインに、流行を取り入れることもできます。

お化粧品は、コロナ禍のマスクのおかげほとんど減りません。(基礎化粧品は必要ですが)
ファンデーションや口紅などを買う回数は、明らかに減りましたよね。

美容院も毎月は行かないですし、医療費も健康でいられる間は必要ありません。(貯金や保険など、心の安定のために最低限の備えは必要です)

日用品・雑費は、毎月補充する量も違うので、平均的にみてこれくらいの金額です。

保険関係(生保・火災・自動車) / 交通費(電車バス・ガソリン)

予算¥15,000/月 必要最低限の医療保険は、できれば加入しておいた方が安心できます。

私自身は個人年金や貯蓄性の保険にも加入しているので、表示している金額より少し多いのですが、平均的にみるとこれくらいになるかと思います。

火災保険は賃貸の場合必須になるので、不動産会社から指定の損保会社に加入案内されますが、金額が高いこともありますので、一旦料金確認だけにしておきましょう。

保証内容が同じであればどこで加入しても問題ないので、加入条件を不動産会社に確認し、自分で各社比較して加入することを伝えましょう。

アパート・マンションの火災保険は、ネット保険を利用し、同じ内容で料金比較をした上で一番条件の良いところで加入しましょう。
加入後は、証券のコピーを管理会社に提出すれば大丈夫です。

私自身もこちらの方法で、管理会社が指定したところでは加入せず、ネット保険会社で加入していますが特に問題ありません。

過去に一度、共有部分のガラス扉を壊してしまったことがありましたが、指定された写真や書類を郵送することで、きちんとお支払いいただけました。

自動車保険に関しては、自動車の有無、普通車か軽自動車か…によって、保険料や税金も違ってきます。
車の保有がない場合や、軽自動車の場合は表示予算金額より少なくなります

貯金はいくら必要なの? ~引っ越すまでに必要な費用

たくさん積み上げられたコイン

ここまでは、生活が始まったあとの生活費用ですが、引っ越すまでの費用はまた別に必要になります。

賃貸契約時の手数料、引っ越し費用(知り合いに運んでもらえるならお礼)、必要な電化製品の購入など。

賃貸契約時は、必ず見積もりをもらい、明細に不明点があればきちんと確認をしましょう
払う必要のないものまで含まれていることもあります。

私の経験では、過去の賃貸契約時に「排水口の消毒費用」という項目で、2~3万見積もりに入っていたことがありました。
不動産屋に確認をすると、強制ではない…とのことでしたので、省いてもらうようお願いをしたことがあります。

賃貸契約の見積もり時、不明な項目は必ず確認をし、必要なければ遠慮なく外してもらいましょう

電化製品は、1人なので小さめを選びがちですが
できれば「少し余裕を持った大きめ」がおすすめです。

洗濯機は、肌布団や薄手の毛布、シーツなども洗えるような大きさを。
4.5キロと7キロの洗濯機の値段にそんなに大差はありませんので、大物を洗うたびにコインランドリーを利用するより経済的です

そして、冷蔵庫も、そこそこ大きさがあったほうが便利です。
買ったものを、小分けにしてジップロックなどで冷凍保存することが多いのです。

1人分の食料品だから…、と小さめを選びがちですが、実は逆なのです
頻繁に買い物に行くのも面倒ですし、行くたびに余計な買い物をしがちですので、ある程度まとまった量を買い、小分け保存することが多いです。

うちの冷蔵庫は、いつも冷凍室が結構な密度…です。
が、電気代を考えるとこのほうが良いそうです。

どこかの専門家の方が、凍ったものをたくさん入れたほうが、温度の上昇が抑えられて経済的だと、テレビでおっしゃっていました。

冷蔵室は、隙間をあけて、スッキリ保存
冷凍室は、しっかり買い置き、たっぷり保存

そして、貯金ですが。
これはあたり前ですが…、貯金は多いに越したことはありません

少し心に余裕を持つのであれば、100~200万ほどを手持ちに残してスタートできれば精神的な安定にもつながると思いますが。
この感じ方には個人差がありますし、これまでの生活環境や仕事の有無によっても個人差があるでしょう。

いくらあれば気持ちに余裕が持てるかなぁ

夫婦共有財産に関してはきちんと話し合いをして「持ち家の財産分与」「年金分割」など、必要な手続きは確実におこないましょう。

専業主婦であっても、これまでの貢献度をきちんと考慮し財産分与されるべきです。

まとめ ~離婚後の一人暮しは楽しい。最高です~

私は子供と一緒に家を出たのちに一人暮らしになったので、今から一人暮らしをされる方と少し事情は違いますが、これからの生活に関しては、これまで一人暮らしをしてきた私もこれから一人暮らしをはじめる方も同じです。

新しく環境が変わるというのは、期待と不安でいっぱいになるものです。
具体的な生活の雰囲気をお伝えすることで、色々と思い悩まれている方の不安が少しでも解消されればうれしいです。

離婚をするのが良いとか、そのままの関係を継続するのが良いとか、一概には決められません。
まだ話し合いの余地がある場合は、そちらの可能性も捨てずにきちんと向き合って解決してください。

ただ、もし我慢の連続ばかり…なのであれば、
ひたすら我慢をしてすがるような人生を送るよりも、金銭的な拘束はあっても自分らしく生きられる方が幸せなのでは…と思います。

今、私は人生初の一人暮しをしていますが、これまでの人生の中で一番おだやかでゆったりと過ごすことができています
誰からも、何の拘束もなく、本当にすべてが自由です。

もしかすると、50代は一番ゆる~く、のんびり過ごせる最高の年代なのかもしれません

50代女性で一人暮らしを考えていらっしゃるかたが、明るい気持ちで、自由で楽しく充実した毎日を送れるよう、心から応援しています!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

記事が気に入ったらフォローを!

BLOG RANKING ぽちっ!っと

BLOG RANKING フォロー!うれしいです!

female back view

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次